仲直りをしよう!喧嘩をせずに済む方法!喧嘩やイライラした時に。

パートナーにイライラしたり、言い合いになることありますよね。

本来、考え方が違えば話し合いをすることは大切ですが、喧嘩自体はあまり良いとは言えません。

しかし、元々違う環境で生きてきた人同士が一緒に住んだり、近くにいるとぶつかる時があって当然です。

今回は、喧嘩の仲直り方法の秘訣をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
目次

喧嘩している最中の場合

喧嘩している時に、一言、頭に思い浮かべて欲しい言葉があります。

それは「この喧嘩、一年後になったらどう思うかな。」と。

小さいことや、細かいことを一々言っていては、きりがありません。

おそらく大抵のことは、くだらないことだなと思うはずです^_^

喧嘩してしまい、仲直りしたい場合

仲直りしたい時に心掛けたいことが2点あります。

これらは、どちらもお互いが心がける必要があります。

どちらか片方だけが頑張っていても、意味がありません。

今回はイリノイ大学の”カップルの喧嘩はどのように乗り越えたらいいのか”について書かれた研究をもとにご紹介していきたいと思います。

お互いが相手のミスを許せるか。

細かいミスなどを許し会える能力をお互いが持っているか、ということです。

こんな時こそ、先程ご紹介した「この喧嘩、一年後はどう思うか」という考え方でかなり許しやすくなるんではないかと思います。

しかし、許すことと我慢することは同じではありません。

我慢は信頼関係や愛情を削り取っていくため危険です。

そのため、自分のキャパシティーを広げていくことで、相手のミスを受け入れていくことが大切です。

うちのブログ
うちのブログ

私の場合…

私は、結婚時になるべく小言は言わないと決めました。

私にとって1番大切にしていることは「信頼」であり、それ以外のことなら怒らない、と。

無駄な期待は自分を苦しめるだけなのです。

もし、余裕がなくなった時に言ってしまうことがあったとしても、小さいことなら引きずらないように気をつけています。

私たちの関係は最高だ。この2人以外なんて考えられない!と思い込むことができるか。

つまり幻想を抱くことができるか、ということです。

あの人以外なんて考えられない!私とあなただから最高なんだ!とポジティブな幻想を抱くことができると関係は良くなります。

このようなポジティブな感情を感じるためには、”私たち2人だったからこそ、今まで苦労を乗り越えてこれた。あなたじゃ無かったら乗り越えてこれなかった”ということを一緒に語り合いましょう。

自分たちは、努力の上でいい関係を継続している、ということを確認しあうことが大切です。

そうすることで、今までも乗り越えてこれたから、これからも乗り越えられる!と力になるわけです。

まとめ

感情に任せて怒ってしまうと後から必ず後悔します。

冷静に話し合う方法もご紹介していますので、よかったら見てみてくださいね。

https://uchino-blog.com/rennaisinnrigaku/assertion-training/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は20代前半の女性です。
13歳年上の旦那さんと1歳の娘との3人家族。

心理学・恋愛心理学を交えながら皆さんに有益な情報を発信していきたいと思っております。
また、実際に“うちの”夫婦についてや、インテリアについても書いていますので良かったら参考にしてみて下さいね。

目次
閉じる