賃貸でもOK!壁寄せテレビスタンド買ってみた!EQUALS:WALL・V3ロータイプ(60インチ)

こんにちは。うちのBlogです。

私は夫と娘の3人家族で、賃貸に住んでいます。

狭いリビングに、3人がけのソファーも置きたいし、娘がいるのでダイニングテーブルも置きたい。

でもテレビは60インチなので、それに合うサイズのテレビ台となると場所を取り過ぎてしまう…。

壁掛けという手もあるが、賃貸なので壁に穴はあけられない…。

テレビはリビングの顔。見栄えも大切にしたい。

悩みに悩んだ結果、【EQUALS:WALL・V3ロータイプ】壁寄せスタンドを購入しました。

スポンサーリンク
目次

【EQUALS:WALL】 V3のテレビスタンドの魅力

震度7にも耐えれる耐震性

EQUALSのテレビスタンドは震度7にも耐えれる耐震性を誇っています。
また、壁寄せテレビスタンドは後ろに重心があるため、前に倒れにくい構造になっています。

4種類のカラーバリエーション

ウォールナット、ホワイトオーク、サテンブラック、サテンホワイトの4種類から選ぶことができます。
うちはウォールナットのカラーにしました。WALL

スタンドを好きな高さにすることができる

ハイタイプorロータイプと選ぶことができ、それぞれ高さも5段階調節できるようになっています。
ソファーに座った時に、テレビの高さが少し下にくる位置がテレビの1番見やす位置と言われているので、うちはロータイプの3段階目で設置しています。

グッドデザイン賞受賞

前からネジなどが全く見えないデザインになっており、自然に部屋の雰囲気にマッチするようになっています。
うちは、ベージュ、ホワイト、ブラウンブラックを基調としたインテリアを意識しているので、ウォールナットはピッタリあいます。

テレビの型番を入力すると、取り付け可能か調べることができる。

WALLテレビ対応表|EQUALS(イコールズ)
通販で物を買う時は、実物を見たわけでないので不安ですが、このような検索窓があると安心して購入することができますね。

意外と分かりにくい! V2とV3の違い

私は、今回購入するにあたって、テレビ自体が60インチなので、V2とV3で迷いました。

その際に、「V2とV3って何が違うの?」と思ったので、同じような方のために簡単にまとめてみました。

V2とV3の違い

V2 V3
テレビ対応 32〜60インチ 32~80インチ
カラーバリエーション 3種類 4種類
値段(ハイタイプかロータイプで多少違います) 約2万円程度 約3万円程度
足場(ベース)の厚み 15㎜ 2㎜

実際に使用してみて感じたメリット・デメリット

棚版は別売りです。ラージサイズ購入。

棚版はラージサイズを購入しました。(ビデオデッキは、PanasonicのDMR-2CX200)

Amazon愛用者はこちらから→

楽天愛用者はこちらから→

【グッドデザイン賞受賞】WALL[ウォール]壁寄せテレビスタンドV2・V3専用棚板ラージサイズ テレビ台 テレビスタンド 壁よせTVスタンド 部品 パーツ スチール製 WALLオプション EQUALS イコールズ

価格:6,173円
(2021/11/28 22:11時点)
感想(4件)

結論!めちゃくちゃ良いです!

この商品を使用して1年以上経過しましたが、特になんの文句もございません!

部屋の雰囲気を壊さない外観に、どっしりとした安定感。

他のメーカーでは、テレビの大きさに耐えられず前のめりになってしまうテレビスタンドもあるようですが、こちらの商品は、60インチのテレビをしっかりと支えてくれています。

Amazon愛用者はこちらから→

楽天愛用者はこちらから→

【TVCM放映中】【10%OFFクーポン】グッドデザイン賞受賞 テレビ台 WALL壁寄せTVスタンドV3 ロータイプ EQUALS イコールズ 32〜80v対応 壁寄せテレビ台 テレビスタンド コード収納 ホワイト 白 ブラック 黒 ウォールナット ブラウン 震度7耐震試験済み 大型テレビ対応

価格:30,690円
(2021/11/28 22:08時点)
感想(126件)

良い点
・テレビ台を置かないことで空間が広くなる
・賃貸など壁に穴を開けたくない方でも壁寄せとして使うことが出来る。
・インテリアとしてもお洒落で高級感のあるデザイン
・震度7にも耐えられる強度
・今回購入した商品はロータイプだが、ハイタイプなら子供の手がテレビに届かない。
・安定感があり、テレビを固定しているので倒れてくる心配がない。
・配線類を後ろに隠せるようになっている。
・足場がかなり薄いのでルンバもスイスイ通れる。
・カラーバリエーションが4種類あるので、家の雰囲気に合わせて選ぶことが出来る。
・スタンドの高さを好きな高さにすることが出来る。

気になる点
・やはり値段が高い
・オプションの商品も値段が高いので欲しくても気軽に買えない。
・組み立てが結構大変(男二人で30分程度。説明書が難しいと感じる方もいらっしゃると思います。)
・重たい(3㎏あるので男手は必須だと思います。)
・テレビを取り付けてしまうとさらに重くなるので、手軽に移動ができない。
・ビデオデッキを置く棚版が少し傷つきやすい(傷つくと言っても良く見ないと分からない程度です。娘がおもちゃでガリガリするので傷つくだけで、普通に使う分には問題ないと思います^^)

配線の隠し方

前からみた写真

後ろからみた写真

テレビの配線はこのように隠しています。

「いや、1枚目の写真、下にテレビ線、がっつり見えてるやん!」と思った方。
私も思いました。(笑)

私的には、このぐらいならOKです。

テレビ線たちは、テレビスタンドのうしろにグチャグチャに隠しています。(笑)

なるべくまとめれるものはまとめて、S字フックを活用しながら、スタンドの後ろに隠しています

また、左にあるバスケットは、ニトリで購入した収納ボックスです。

この中にはWi-Fiのルーターを収納しています。

ちなみに、別売りでHDDホルダーや、インテリアコードカバーなども売っているので、コード類をきれいにまとめたいなら、購入するのもありです。

ただ、私には少し高いと感じたので家にあるものを使い、節約しました。

まとめ

今回壁寄せテレビスタンド、【WALL:EQUALS・V3】ロータイプを購入してとても満足しています。

組み立ては男性二人で組み立てて30分程度かかっていました。

テレビスタンド自体は3kgですが、テレビを取り付けると結構な重さになるので、注意して扱うようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は20代前半の女性です。
13歳年上の旦那さんと1歳の娘との3人家族。

心理学・恋愛心理学を交えながら皆さんに有益な情報を発信していきたいと思っております。
また、実際に“うちの”夫婦についてや、インテリアについても書いていますので良かったら参考にしてみて下さいね。

目次
閉じる