妊娠中、同僚・友達に言われて嫌だったこと。臨月まで看護師として働いていた私の体験談

こんにちは。うちのBlogです。

普段は、いいことばかりを記事にしているので、たまには愚痴っぽい内容にしてみようと思います(笑)

私は看護師として、臨月まで働いていました。

大変でしたが、無事産休に入れたのは周りの同僚やみなさんに助けて貰ったおかげだと思っています。

でも、やっぱり腹が立つこともありました。

その時に言われて嫌だった言葉やされて嫌だったことをご紹介したいと思います。

ただの愚痴です。(笑)

うちのブログ

今日は口が悪いですが、許してください(笑)

Level1
「妊婦はイライラするらしいからね」

看護師の勤務は少し特殊で分かりづらいかもしれませんが、この日は早朝からお昼まで働いて、その日の深夜から夜勤というシフトの日でした。

しかしこの時、お昼の帰る時間をとっくに過ぎて残業をしていました。

この日は全然看護師の数が足りておらず、忙しかったので業務を手伝っていました。

定時で「じゃあ帰ります!」なんて口が裂けても言えない空気(笑)

でもその夜は夜勤だしまた来なくちゃいけないから私も休まなきゃ。と思い、キリがいいところでそれとなく「もうそろそろ…」と言ってみましたが想いは届かず撃沈。

「次、私はこっち行くから、うちのBlogちゃんはあの人行って〜」と。

えぇ。私みたいな小心者の下っ端はそんな風に言われたら、「いや、私、もう帰る時間なんです。」なんて言えませんよ。

でも、横には同期が居てるんですよ‼︎(笑)

なんか言ってくれよ。

期待してる私が悪いんかもしれませんが、私だったら、「いやっ、この子もう帰る時間なんです!」くらい言ってあげますよ。

そんだこんだで、私も内心イライラしてました。

でも、イライラを顔に出すのはかっこよくないと思って我慢してました。

そんな時、何気なくした行動が怒ってるように見えたみたいで、

「あれ!うちのBlogちゃん怒ってる?妊婦はイライラするって言うしなぁ」と冗談ぽく言われました。

ん?なに?喧嘩売ってる?イライラしてるよ!そんなこと一々言ってくんじゃねーよ、手止まってるよ、さっさと働け、と思いましたね。(笑)

こっちは、重たいお腹抱えて患者さんの体拭いてんだから、ただでさえ気張ってないとやってられねーよ、そんなこと言ってる暇があるなら、私を帰らせてくれよ、と。(笑)

妊婦には余計な一言は言わないでおきましょう。

Level2
「今からしっかり保育園探しときなよ」

妊娠した時から保育園、探しとかなくちゃ復帰できないよ!と口を酸っぱくして言われました。

これは、その人にとったら良かれと思って言ってくれているのかもしれませんが、産まれる前から保育園、保育園言われるのは、気持ちいいことじゃありません。

出産をして娘がまだ新生児の時に仕事場へ手続きをしに行った時も「保育園、決めてる?」と。

「保育所、決まってないと復帰できないから〜、誰か見てくれる人はいるの?お母さんとか…」

それがいてなくて。旦那さんしか見てくれる人がいてないんです。と言うと、

「お義母さんは?しっかり頼っていかなくちゃ!頼りたくなくても頼らなダメよ!」と。

いや、むしろ逆!頼りたくても、親にも義母にも仕事あるし、旦那さんも3交代だし、頼るところがなくて考え中なんだよ!と思いましたね。

そんなことを言ってくる仕事場に余計に戻りたくなくなりました。(笑)

Level3
「できるの?できないの?」

これを言ったのは旦那さんです。

結婚してから喧嘩もしたことありませんし、普段は仲良しで、良い面ばかりみなさんにご紹介していますが、この時ばかりは一瞬「この人、優しくない!」と思いました。(笑)

状況を説明すると、臨月の産休ギリギリまで夜勤が入っていたことを心配した旦那さんが勤務変更を申し出てくれました。(旦那さんと同じ職場だった。)

それは、旦那さんが私とお腹の赤ちゃんのことを気遣ってしてくれた事だったので、とても嬉しかったです。

ただ私は、勤務変更をお願いすると他のメンバーに迷惑がかかってしまうことが、本当に申し訳なく感じてしまい、負い目を感じていました。

そんな時、シフトを作っている人から「1日だけどうしても変更が難しいから夜勤してもらいたい。どうしても変わって欲しいって言うなら、Aさんと変われるけど、ここで変わったらAさん休みなくなるし…どうする?」と言われました。

負い目を感じている上にそんなこと言われたら、もう承諾しか出来なくて。

それで帰って旦那さんにその事を伝えたら、「いや、俺は変わってもらった方がいいと思うよ。体が心配。こんな勤務見たことない」と。

私も、”夜勤は人数も少ないし、もし自分が動けなくなったら相方に迷惑がかかる。お腹の赤ちゃんのためにも夜は眠りたい。でも、みんなに迷惑かけてしまうのも申し訳ない。出された勤務をしっかり全うしなきゃ。”と思って迷っていました。

すると旦那さんに、「いや、出来るか出来ないかだよ」と言われました。

その言葉を言われた時、なに!?何この人!サイテー!と思いました(笑)

私もそんなことは分かってるんです‼︎しっかりやりたいのに、出来るか分からないから迷ってるんでしょ?何この人。共感ってのが出来ないの!?と。

まあそんだこんだで、めちゃくちゃムカつきましたが、怒りのコントロールをしてその時はグッと堪えました。

今から思えばだいぶグチグチ言ってたので結構めんどくさかったかも(笑)

旦那さんが言っていることは正しいんですけどね、これが男女の脳の違いです。

あ、怒りのコントロール方法はこちらでご紹介しています。

【アンガーマネジメント】怒りたくないのに…。怒りをコントロールする方法https://uchino-blog.com/rennaisinnrigaku/anger-management%e3%80%80how-to-control-anger/

で、結局勤務はどうなったかというと、そのあと職場の皆さんが「これは変わってあげなきゃ!」と言ってくれたおかげで夜勤がなくなりました。

みなさんには感謝です。

Level4
お腹をガシガシと触ってくる

優しくお腹を触ってくれるならいいんですが、犬を触るみたいにワシャワシャっと触るのはやめてください(笑)

結構イヤです。

妊婦さんは大切な命がお腹にいて、かなり神経質になっています。

また、私は撫ですぎるとお腹が張ってくるタイプだったので、余計に嫌でした。

あ!私しちゃってる!という方がいらっしゃったらやめましょう。

お腹を触られるのもイヤ!という方もいるので、触るなら優しく触って下さい。

Level5
「私今から休憩だから〇〇さんの移乗お願いしていい?」

移乗とは、自分で動くことのできない患者さんをベッドから車椅子へ、車椅子からベッドへ移動するお手伝いをすることです。

妊婦さんには、あまりというか絶対に移乗は頼みません。

頼んだとしても、軽そうな患者さんを頼むとかするんですが、その時はどの程度動けるか分からない人の移乗を頼まれました。

しかも、それを頼んできたのが同期だったのでめちゃくちゃビックリしました。私に頼みにくるの!?と。

無理は厳禁なので、違う人に手伝って貰いましたがちょっとショックでした。

同期だからといって助けてもらおうと思ってるわけではないですが、少し期待していました。

相手からしたら先輩は頼みにくいし、私に言いに来ただけだと思いますが、同期なんだからちょっとは気使ってくれよ!と思いましたね。

やっぱり期待しすぎはダメですね、無駄なイライラが増えます(笑)

まとめ

今回は妊娠中に同僚・友達にされて嫌だったことについて記事にしてみました。

普段はもっと穏やかな内容で記事を書いていますので良かったら、他の記事も読んでみて下さいね^^

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は20代前半の女性です。
13歳年上の旦那さんと1歳の娘との3人家族。

心理学・恋愛心理学を交えながら皆さんに有益な情報を発信していきたいと思っております。
また、実際に“うちの”夫婦についてや、インテリアについても書いていますので良かったら参考にしてみて下さいね。

目次
閉じる