【出産レポⅡ】出産なめてました。壮絶な14時間!破水から12分で出産!案の定、会陰裂傷!【後編】

 

前回の続き
【出産レポ】陣痛か分からない!初産なのにはじめから間隔4~6分!?出産まで14時間!【前編】
https://uchino-blog.com/%e8%82%b2%e5%85%90/i-dont-know-if-its-labor-pain/
スポンサーリンク
目次

最後の3時間

ここから地獄の始まり

体験したことのない痛みがやってきては、陣痛の合間も痛みがなくなることはない。

ただ、ずっと痛い状態で何時間も耐えるのみ。

声を出す余裕もなく、夫にひたすら腰をさすって貰うけど、どんどん痛みは増してくる。

お腹と股関節に、下痢のひどいバージョンみたいな痛みがおそってきて、腰は工事現場のドリルでガガガガガっとされてるような腰が砕けるような痛み。

息をするのも精一杯で、もう訳がわからない状態に。

それでも陣痛の合間に途中ウトウトしてるのか、気を失っているのか、とにかく無の時間があったからきっと寝てたのかな。

でも痛みが来る前になったら、「来る来る来る」と分かるので、恐怖で仕方ない。

助産師さんにいきみたくなったら呼んでねと言われていたけど「そんなん分からん、とにかく痛いからなんとかして」しかない。

息もできないくらい痛い

ナースコールは2.3回押したような気がする。

1回目のナースコールでどうされましたか?と聞かれても痛みで答えれず、声にならず。

助産師さんが来てくれても何も喋れず、夫が私の言いたいことを代弁してくれていたのには感動した。

何を言いたかったかは忘れたけれど、そんなことより助産師さんが来てくれるたびに、夫が邪魔にならない位置に行こうと私から離れてしまう方が心細くて。

「ここに居て」と言いたいけど声にならず、手で呼び戻したらすぐに戻ってきてくれた時はすごくホッとした。

そもそも助産師さんの内診の時、「はい、上向いてねー」と言われるけど痛すぎて動けない。

自分も同業者だから忙しいことはよく分かっているつもりだから、悪いなぁと思いながらも体が動かない。

出血

2回目にナースコールを押した時も何も言えなかったけど、助産師さんは何も聞かずに「行きますねー」と。

喋れないことを察して対応してくれる助産師さんに心底感謝。

来てくれて「痛い」と絞り出して言ったら、内診をしてくれた。

すごい出血してるねとナプキンを変えてくれた

なんかチョロチョロ出てるな、破水かなぁと思っていたが、まさか出血してると思ってなくてビックリした。

痛みで余裕がなさすぎて、夫がいる目の前でナプキンを変えられても、何も抵抗できないくらいになっていたけど、すごく恥ずかしかったのは覚えてる(笑)

髪の毛もボサボサ、ずっと目をギュッとつぶったままで、時々自分を客観的に見た時、すごいブサイクだろうなと思っていたけど、思うだけで余裕がない(笑)

間隔は2~3分くらいだったかな。

陣痛中に叫ぶ妊婦さんもいるみたいだけど、私はそんな余裕なく、息をすることもままならない

そんなこんなで2時間以上経過。

なんかうんちがしたくなってきた…。と夫に言うと、「それいきみたいってことじゃないん!?」と。

3回目のナースコールをなんとか鳴らして助産師さんを呼ぶ。

3回目のナースコール

助産師さんが来て、私の苦しむ姿を見て「あ~いい感じだね」と。

助産師さんに内診してもらう。

もう全開大でいいわ」と。

11時19分子宮口全開大

てことは全開大ではないってこと??と思ったけど、もうそんなんはどうでもいい、とにかく早くこの痛みをどうにかして…。

「はい、いきんでみてー、赤ちゃんを包んでる膜を破るよ〜」と言われたけど、呼吸するのも精一杯なのに、いきむとか無理!

「どんなんしたらいいか分からん!!」と言いながらも、なんとか死ぬ気でいきんで、包んでる膜を破ってもらった瞬間

パシャっと破水した。

破水11時35分。

風船の水を割った時みたいな感じで、すごく生温い液がジワーと流れたのがわかった。

こんな量多いんだ!とびっくり。

すぐに腰の下のシーツを変えてくれて足に袋を巻かれた。

助産師さん「はい、ほんじゃあ子宮収縮と共にいきんでー」

これが思っていたより難しい。

1番痛い時、息を吸うのも上手く出来ない時に、どうやって力入れるの!?と。

もうけどここまで来たら死ぬ気でやるしかない。と思ってやってみるけど、上手に出来ずに、赤ちゃんの頭が挟まった状態で子宮収縮がおさまってしまう。

今度は助産師さんに「収縮してない時はいきまないで!力抜いて〜」と言われるが、これもまた難しい。

自分がどうやって、いきんでるかも分からない状態で、今度はいきまないで!と言われてもなかなかうまく出来ない。

しかも挟まっているのでめちゃくちゃ痛いし、必死すぎて助産師さんの声が入ってこない(笑)

だから夫が全部助産師さんの言葉を代弁してくれていた(笑)

夫に言われてやっと言うことをきくという始末。(笑)

娘もしんどかったと思う。ごめんね。

長くいきまないと上手く出てきてくれないよーとのことだったので、次の収縮で全部出すつもりで、めちゃくちゃいきんだ。

いよいよ

顔の血管とか皮膚、張り裂けるかも。と思うぐらいにいきんだ。

もう股がさけてもいいから早く出てきて!

バースプランに会陰裂傷は避けたいと書くぐらい嫌だったはずなのに、股が裂けるくらいの痛みなんてどうってことないと思うほど陣痛の痛みは強烈。

「ウンチ出そう」というと大丈夫大丈夫と肛門を抑えてくれたような気がする(笑)

もううんちが出てもいい!会陰が裂けてもいい!この痛みから解放されるなら!と必死でいきんだ。

すると…。赤ちゃんの頭が全部出たのがわかった。

頭が出たらすこしは楽になり…。

続いて次の収縮で身体もぐるんっと。

11時47分出産

そのあとの事はあまり覚えてないけど、「目開けて!」と連呼されて目を開けたら赤ちゃんが股から見えていた。

出てきた瞬間に、ほぎゃと一瞬泣いて、心底ホッとしたし、胸の上で泣いてる姿を見たら、「あぁやっと会えた、かわいい」と思って体の中が震えた。

ちょっと紫っぽい真っ赤な色をしていて温かかった。

そのあとは、胎盤がドュルンとすぐに出た。違和感はあったけど痛みはほとんどない。

胎盤娩出11時50分

こんなの聞いてない

やっと終わったと思ったら、会隠が切れてしまったので縫うねと言われて、これまた結構痛い。

麻酔してくれてたけど、大して効いてなかった気がする。

思っている数倍は痛い。

そのあと、私はとにかくはHPが余ってなくてぼーっとしたり、少しの間寝たりしていた。

夫はというと

陣痛中、夫はずっと手を握ってくれてて応援してくれてた。

頑張れ!とか言わずに、「痛いなぁ痛いなぁ」とゴルフボールで必死にさすってくれていた。

産まれた後も夫は相変わらず心配性で…。

私が娘を胸の上でうつぶせに抱いているときも「下むいてて息しづらくないかな、大丈夫?」とか「でもサチュレーション良いから大丈夫か」とか(笑)。

私に対しても「水分取っときな。飲みたい気分じゃないかもしれないけど。脱水になるわ、朝ごはんもそんなに食べてないし水分も全然取ってないし。はいアクエリ」と(笑)

そのあとはひたすら写真を撮ったり動画を撮ったりして、楽しんでいるみたいで私も嬉しかった。

娘はというと

まだむくみは取れてないけど黒目が大きくて二重線もあって、夫に似てちょっと吊り目ぽくて。

髪の毛はフサフサで、横は直毛やのに謎に前だけウネウネしてて面白いし、爪はもう結構伸びていて、ビローンとなってるやつもあった。

産まれたばっかりの赤ちゃんってもっと泣くもんだと思ってたけど、すぐ泣き止んで、目を開けてキョロキョロしてた。

あくびをしたり、くしゃみをしたり、手を動かしてしゃぶってみたり。口をチュパチュパ動かしたりして可愛かった。

そんな娘が産まれてもう半年。

今はもう寝返りもできるし、お座りだって手を前についたらできる。

一日中ガサガサして手足をバタバタさせて、何かしらうーうーと喋ってる。

大きくなったね。

これからも元気に大きくなってね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私は20代前半の女性です。
13歳年上の旦那さんと1歳の娘との3人家族。

心理学・恋愛心理学を交えながら皆さんに有益な情報を発信していきたいと思っております。
また、実際に“うちの”夫婦についてや、インテリアについても書いていますので良かったら参考にしてみて下さいね。

目次
閉じる